仕事は夢の中で? 天才の閃きをみにつけよう! NLPの考え方 PC初心者のネットビジネス 稼げる方法なんてあるの?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ランキング参加、始めました ⇒ 


| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

仕事は夢の中で? 天才の閃きをみにつけよう! NLPの考え方

NLPを習い、催眠やトランスのことも学ぶと
応用で凄いことができるようになると聞きました。

今回は2つご紹介します。



1.夢の中で仕事ができる
眠る前や、起きている時に、目的をはっきり意識していると
夢の中で、問題解決やアイディア創出が出来るらしいです。

つまり、寝ている時に、勉強や学習、仕事をすることも可能になるそうです。



これを身につけるトレーニング方法は、枕元にノートを置くことから。

夢を見た日は、とにかく、夢の内容を忘れない内にメモしまくる。

慣れてくると夢の内容への記憶力が高くなるらしいです。

そして、次に、寝るときに催眠導入の音声をステレオのイヤフォンを聴いて
催眠状態に入ること。

ステレオで、右の音声と左の音声で違う催眠誘導の音声を聞くこと、
ダブルインダクションの催眠誘導の音声が導入されやすいコツだそうです。




2.「天才のひらめき」をものできる
これは、夢の中で仕事をすることに慣れた後、できるようになるようです。

やり方は、問題解決の元となるリソースをたくさん頭に入れておくことです。



つまり、同じような問題を解決した経験が多いか
情報をオーバーロードするほど、頭に情報を入れておくことだそうです。

そういったリソースがあれば、夢の中で無意識が、
記憶の奥から問題解決のアイディアを引っ張り出してくれる感覚だそうです。




この2つを合わせるということは

【加速学習を進め、加速学習状態で膨大な情報に触れる(大量に本に目を通す)こと】

 +

【明晰夢を見る訓練、明晰夢に導かれる催眠導入音声でふとんに入っておくこと】

というやり方をするのが良いといえそうです。




そして、この体験を数多く重ねておき、

日常から、問題意識、目標設定、目標への焦点化が常に強い状態であれば

何かをしている時に、答えが頭にふってくるようになるそうです。




この2つを身につけることで、成功へのスピードがさらに加速しそうですね。
スポンサーサイト






ランキング参加、始めました ⇒ 


| 未分類 | 00時39分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。